Introducing Austrian Food Culture

レシピ:スパークリングワインとザリガニのスープ

中世からの家柄で、オーストリア=ハンガリー帝国の貴族であった、エスターハージーのレシピをオーストリア大使館を通じてご提供頂きました。

著名な音楽家であるハイドンやリストは、エスターハージー家に仕えていたそうです。

エスターハージーは現在もワイナリーを所有していて、レシピでは、そちらのスパークリングワインを使ったスープになっています。

 

スパークリングワイン「Quinquin」とザリガニのスープ

 

材料(4人前):

野菜のブイヨン                                                        400mL

スパークリングワイン(Esterházy Quinquin)    半ボトル分

生クリーム                                                              325ml

卵黄                                                                            3個分

パプリカ                                                                    ひとつまみ

砂糖                                                                            適宜

スパークリングワイン(Esterházy Quinquin)    125ml

殻付きザリガニ                                                        12尾

 

野菜のブイヨンを半ボトル分のスパークリングワインと合わせ、沸騰させ、火からはずす。

 

別のボウルに卵黄3個分と200mlの泡立てた生クリームを入れ、よく混ぜる。これをスープの中にかき混ぜながら加える。塩、パプリカ、砂糖で調味する。

 

残りの量(125ml)の生クリームを固く泡立てる。

 

125mlのスパークリングワインをスープに加えたのち、泡立てた生クリームを優しく包みこむように入れる。

Introducing Austrian Food Culture

こんなふうに注ぎます

Introducing Austrian Food Culture

前もって温めておいたスープ皿にザリガニをのせ、温かいスープを注ぐ。

 

ガーリック・クルトンをあしらい、スパークリングワインQuinquinを添えて提供する。

 

編集者のコメント:このレシピは、エステルハージーよりいただいた英語の原文を少しだけ編集し、日本語のレシピとして読みやすくしています。また、原文には、ザリガニの調理方法の指示はありませんでした。お好みの方法で調理してからスープと合わせてくださいね。

 

日本語訳及び編集担当:酒井里佳

 

 

 

, ,

Copyright © CuriousCuisine All Rights Reserved.