スペイン:米どころバレンシア地方のパエリア

地中海沿岸の街、バレンシアの旧市街の外は、広大なオレンジ畑と稲作地帯が広がります。風にそよぐ稲は、日本と同じく、ちょっと甘い香りがして、郷愁がそそられます。バレンシア地方の人は、バレンシア以外でパエリアを食べることはあまりないくらい、パエリアの作り方にこだわっています。他の地方の人にはちょっと信じられないようですが、薪をくべ、火を調節しながらパエリアを作るこだわりを貫いているのがバレンシア人。薪から立ち上がる香りがパエリアに移り、とても美味しくなるのだとか。そして食卓ではパエリア鍋を囲んで、みんなでフォークでつつきあって食べるのが元々の食べ方なのだとのこと。まさに同じ釜の飯を食った間柄になる、あったかいひとときです。

スペイン大使館にご提供いただいたシーフードパエリアのレシピはこちら。

レシピ: バレンシア地方の魚介のパエリア ”Paella de Mariscos”

スペイン大使館シェフ、エチェンヌ・ソンタックさんによると、パエリアを炊くには、別に用意した魚介のスープで作ると全然レベルが違うとのこと。スープのレシピはこちら。

レシピ:パエリア用の魚のスープ

 

, ,

Copyright © CuriousCuisine All Rights Reserved.